[会社のロゴ イメージ]

ホーム 上へ

LED Drive Board
Power Pack LED Drive Board Interior_Lamp Semi Transistor LED Variation

 

 

    今までLED120点に追加で、60点も追加販売開始しました。
LED Drive Board

鉄道模型等のジオラマ作成時には必ずと言って良いほどにLEDを埋め込んで飾りますが、配線を行う際にLEDや抵抗の配線が数十本、数百本となり配線が煩雑になってしまいます。

その配線を少しでもスッキリさせたいとの事で、このボードを作成しました。

1枚のボードには120点のLEDが配線できるようになっており、ボード上には制限抵抗も実装していますので、コネクタ(ピンヘッダ)にはダイレクトにLEDを配線することができます。

また、120点のLEDを10点づつ12ブロックに分割し、スイッチを付ける事により点灯のON/OFFを可能としています。(CPUボードのI/Oにより直接制御することも可)

特長

bulletLED接続数。。。120点
bulletボード上には制限抵抗が実装済のため直接LEDを配線可能
bullet駆動電流は4〜5mA程度(LEDのVfにより変わります)
bullet電源。。。DC12V1.2A以上
bullet120点のLEDは12ブロックに分かれており、スイッチを追加することによりON/OFFが可能(スイッチ未接続時はLED点灯)
bulletスイッチ入力はCPUボードのポートにて制御可能(3.3V〜5V Isink1.5mA以上)
bullet接続コネクタは2.54mmピッチのピンソケットを使用しています。
bulletDCジャックはφ5.5-2.1mm

ボード外観

回路図

配線

 

2019/8/12 LED60点版を追加しました。

LED120点に対して丁度左半分になっています。

スイッチ操作ブロックは今までと同じLED10コ毎で6ブロックとなります。

 

 

 

ホーム ] 上へ ]

この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、info@ps-tec.jpまで電子メールでお送りください。
Copyright (C) 2018 P'sTec
最終更新日 : 2019/07/02